ぴたはうすは東三河・豊橋・豊川を中心に無垢材・自然素材を使った木の家を設計施工する工務店です|安食建設

0120-155-159

営業時間

資料請求&お問い合わせ

新着情報

イベント&見学会情報

施工例

お客様の声

家づくりの流れ

スタッフ紹介

スタッフ募集

スタッフブログ

Facebook

Instagram

logo

  • 会社概要
  • アクセス

HOME > ぴたはうすの家創り

昔からの家創りは本当に正しいのか?

「今まではこうやってきた」 が、
現代の家創りに当てはまるのでしょうか?
もちろん、理由があって現在に至るものもたくさんあります。

たとえば「庇(ひさし)や軒(のき)」
全くない住宅も現在では増えていますが、
庇を深く、そして低く造ると、
雨の跳ね上げや降り込みが少なく
夏の暑い日射も間接的に取り入れられ、
「心地の良い空間」になります。

日本の「雨が多くて夏が暑い気候」に対応するための、
先人の知恵。
良い部分はドンドン継承して行くべきであると考えます。

しかし、耐震・断熱・結露などなど、
そこに住む「家族の命、健康を守る」という部分では、
昔のやり方では不十分。

もっと科学的に分析し、家創りを進化させて行く必要があります。

国もゼロエネルギー住宅を推進し、
2020年までに標準的な新築住宅を「(ゼロエネルギー住宅)ZEH」とする目標が掲げられています。
もちろん当社でもゼロエネルギーハウスに対応し、省エネな家創りを進めています。

最新の建材や工法が最も優れている?

これも、メーカー発信の情報をそのまま受け止めて良いものでしょうか?
実験室のデータと実際の現場では諸条件が大きく異なっています。
現場での家創りを想定した分析をしっかりする必要があります。
「最新のものが最適なものではない!」と言うことを念頭に
現時点で「最適な家創り」を進めます。

ZEH

ゼロエネルギー住宅

ぴたはうす(有限会社安食建設)では、年間ZEH建築割合を2020年度を目途に50%以上とすることを目標とし、公表いたします。

心地よさを科学する

「心地いい空間」とは、どのような空間でしょうか?

ここに座っているとなんだか落ち着く… 開放感が気持ちいい…

実はこれも”科学”
人が気持ち良く感じる寸法やサイズであったり、心地よいと感じる温熱環境だったりするのです。

たとえば、現在の一般的な住宅の天井高は2400mmです。これは、何を基準に設定されているのでしょうか?

実は構造の元となる「柱の製材時の長さ」や「施工のし易さ」 「材料の歩留まり」で決まっているのです。 どこに行っても同じ高さ、これって本当に心地良いものでしょうか?

立っている時、座っている時、 場面、場面で人が心地良く感じる高さはちがうはず

低いところがあるから、高い場所に入ったときの開放感を より感じ取れることも出来るのです。

窓などの開口部も然り ただ大きな窓ばかりを付けるのではなく、一部に少し暗くなるようなスペースが出来るように 窓の配置を計画すると、差し込む光の陰影により落ち着いた空間を演出することもできます。

こういった考えをもとに、ぴたうはうすでは『ほんとうの心地良さ』を科学します

バランスを科学する

デザインと構造のバランス

個性的とは言っても、ただ奇抜なだけでは構造的に弱くなってしまう場合もあります。
現場で培った施工知識も考慮し、十分に活かすことで、 素敵なデザインのまま強く安心できる家創りをしていきます。 また、耐震性能は耐震等級3を基本として、設計・施工をする事でお客様が安全に生活できる家にいたします。

予算のバランス

家を創る上で、予算は避けて通れない事項です。

構造・間取り・素材…
さまざまな要素がからみ合って家の価格は決まっていきます。

パッケージ化された規格型の注文住宅と違い、
私たちの創る家は単純に「坪単価いくら」と表現が出来ません。
ご予算や大きさ、その他もろもろお施主様によって
まったく異なります。

しかしながら、私たちの施工例を見ていただき、
参考の価格をご提示することは出来ます。
住宅展示場のような現実離れした建物ではなく、
実際にお施主様が建てた等身大の住宅ですので、
きっとご参考になるはずです。

あなたのお家もきっとピッタリに・・・たいせつなのは敷地と建物のバランス
小さな工務店

意外と軽視されがちな、敷地と建物のバランス。
「敷地に建物が収まっていれば良い」と言う訳ではございません。

方角はもとより、隣接する敷地・建物などの状況から、
風の通り道や、光のあたり方、庭の緑で映し出される
こもれびなど、全体的に見た上で決めていく建物の配置計画。

そして、部屋の内側と外側をほどよく繋げる
ウッドデッキなどの外構・エクステリア計画まで。

建物だけではなく、外廻りの設計・デザイン全てのバランスを見ながら
家創りを行なっていきたいと
私たちは考えています。

メンテナンス・家づくり相談会について

毎年1回、1棟1棟、じっくりメンテナンスを行ないます

ぴたはうすでは、かならず毎年、1棟1棟じっくり時間をかけて家のメンテナンスを行ないます。
見えないところまで丁寧に点検・メンテナンスをすることで、より安心を感じていただける住環境を末永くご提供していきたいと考えております。

家づくり相談会もおこなっております

  • 木造・鉄骨造・2×4など工法
  • 坪単価のからくり
  • 見積りの見方
  • 資金計画・いったい総額でいくらかかるのか
  • 工期はどのくらいかかるのか
  • 無垢材と集成材
  • 自然素材・新建材
  • 外断熱・内断熱

実際に間取りなどの設計以前に知っておきたい事も沢山あると思います。これらの疑問を解決した上で依頼先を決定し、プランニング・設計へと進めて行くのが、最善の策かと思います。

イベント・見学会情報はこちら

Roomclip